レビトラと他のED治療薬の違い

レビトラと他のED治療薬を比べた時にどんな違いがあるかまとめてみました。
まずレビトラの大きな特徴として、食事の時間を気にしなくてよく、いつでも服用できるという点です。
食事中でも食後でもいつでも可能です。
たとえばバイアグラと比べると、バイアグラは食事中に利用すると効果半減といわれているので大きな違いがあります。
ただ、空腹時と満腹時では作用の出始める時期に若干ずれがあるようです。
胃の中がカラの方が聞き始める時間が早いので、即効性を期待する場合は空腹時に服用すると良いようです。
水に溶けやすい性質をもっているのでバイアグラに比べると、効き目が早いという利点があります。
作用時間はバイアグラと比べて同じ、もしくはそれ以上の持続時間があります。
ほかのED治療薬シアリスと比べた場合、シアリスはじわじわ長時間持続するのに比べて、効果の持続時間は短いようです。
また、糖尿病の患者様の場合、バイアグラよりレビトラの方が有効である、というデータもあるので効力が強いともいえます。
副作用ですが、顔のほてり、目の充血、頭痛などがあげられます。
あるデータによると9割の方にあらわれるという結果がでています。
これはバイアグラも同じく9割なので、この点に関しては全く同じです。
シアリスは3割程度ということなので、シアリスに比べると副作用は出やすいとも言えます。
そして三種類の薬どれも最高血圧170mmHg以上は処方不可とされています。
またお酒も適量であれば、リラックス効果が高くなるので併用可になっています。
ほかにバイアグラやシアリスと違う点は粒の大きさです。
この2種類の薬が比較的大きめの粒であるのに対し、小粒で飲みやすいというのが違う点といえるでしょう。

■レビトラジェネリック
バリフで強い勃起効果を求める