レビトラでスポンジ状の海綿体を膨張させ内臓脂肪も燃焼

陰茎海綿体はスポンジ状の器官ですが、興奮することで血液が集まってペニスを勃起させます。
ペニスを硬くさせる正体は筋肉ではなく、すべて血液なのです。
性的興奮を覚えると、ダイレクトに陰茎海綿体に血流が流れて、スポンジ状から血液を吸収したガチガチ状態となります。
勃起不全とは海綿体に十分な血液が集まらず、硬くならない状態を指しているのです。
興奮してもペニスが立たなければ、EDの可能性が高いので泌尿器科で診断を受けてみるといいでしょう。
EDだと診断されたら、レビトラなどのED治療薬で治療をしていくことになります。
治療器具を使用するケースもありますが、ほとんどの方は治療薬の服用で改善を試みます。

レビトラは即効性が高いので、すぐに勃起力を高めることができます。
ペニスがガチガチになるので、性行為の快感は数倍に高まります。
快感が弱いと感じる場合は、性的興奮が不足しているケースもありますが、単純に勃起力が不足しているだけのケースもあります。
勃起力が低下するほど快感に対してペニスが鈍感になり、射精感も激減してしまうのです。
20代のころはペニスがドクドクと脈打つような射精を体感できますが、30代あたりから減退が始まってきます。
精力が減退していると感じた場合、それは気のせいではありません。

クリニックでEDだと診断された場合は、内臓脂肪の減少対策が必要になることもあります。
肥満の方は内臓脂肪を多く蓄積しており、血液もドロドロになっていることが多いのです。
汚れた血液は陰茎海綿体に勢いよく流れることができません。
その結果、興奮をしてもペニスの立ちが悪いという状態になるのです。
内臓脂肪を指摘された方は、食生活の見直しと適度な運動が必要となります。